iphoneの『水没マーカー』に十分気を付けよう

Pocket

傷をつけないように本体ケースやフィルムシールで保護しながら、iphoneを利用している人は多いと思いますが、外見の傷以外にも気をつけなければならないことがあります。

それが、水没です。
水没というと、直接iphoneを水に落としてしまうイメージが強くなりますが、それ以外にも雨や汗、湿気にも注意が必要です。水が浸入してきたと判断する水没マーカーがiphoneには内臓されています。

利用状況によっては、水に直接落としたりしていなくても、水没マーカーが水没を示すことがあります。繰り返しお風呂で利用していたり、湿気の多い洗面所などに長時間放置していたりすると、水没マーカーが水分に反応することがあります。暇つぶしにと、お風呂にiphoneを持ち込む人は多いのですが、やめておいた方が良いでしょう。

運動をする人も、音楽を聴くのにiphoneを利用している人が多いのですが、やはり汗に注意が必要です。出来るだけ、湿気や水分の多い場所には長時間おかない、持ち込まないようにしましょう。

水没マーカーが反応していると、買取価格は大幅に下がります。

This entry was posted in iphoneを売る前に注意しておくこととは?. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります